即効性のED治療薬、シアリスのメリットと活用のポイントを徹底解説!

長時間効果が持続するシアリスを飲んで寝ても寝れるのか?

シアリスを飲んでも眠れる?

シアリスを飲んでも普通に就寝可能?

シアリスはそれまでのED治療薬を改良して開発された薬で、服用後に薬の効果が食事の影響を受けにくく、効果が持続する時間がそれまでの治療薬に比較すると格段に長いという特徴を備えています。

従来のED治療の医薬品では食事をすることで効果に影響があり、また薬の効果が続く時間が短い ため、医薬品を使用する男性としては性行為の時間を気にして空腹時に薬を飲み、効果が切れないうちに食事もしないで慌てて性行為をしなくてはならないというプレッシャーがありました。

シアリスの有効成分であるタダラフィルはこの点を改良して生まれた薬で、有効成分の血中濃度がいったん最高に達すればその後の飲食との相性が比較的よく、加えて効果が長続きするED治療薬です。

シアリスの効果が長続きすることについては、欧米諸国などではウィークエンドピルと呼ばれていて大変人気が高くなっています。ウィークエンドピルというのは1回飲んでおけば週末の性生活をたっぷり楽しめるという意味合いです。

それほどに効果が長続きするので男性は服用時間時間を気にするストレスから解放され、性行為の時間がずれても慌てて追加で薬を飲む心配もありません。旅行やデートの前に1回服用しておけば、お酒や食事をゆっくり楽しむムードあるデートもできると喜ばれています。

このように大変持続時間の長いのが特徴ですが、シアリスは医薬品であって媚薬や性力剤の類とは根本的に異なります。有効成分のタダラフィルは、体内酵素の一種であるPDE5型酵素の働きをブロックする薬です。男性が性的に興奮したり刺激を受けて勃起する時には、体内で血管拡張物質が大量に作られて性器の血管が拡張・血流が増加していますが、PDE5型酵素はこの血管拡張物質を壊して勃起を終わらせる酵素です。タダラフィルは、PDE5型酵素の阻害薬としてこの酵素の働きを邪魔します。

その結果、勃起に必要な血管拡張が維持されて勃起現象が持続するのがタダラフィルのED治療薬としての効果・効能です。

つまり、服用したからといってタダラフィルの効果が続いている間中ずっと勃起現象が続くわけではなく、男性の勃起のメカニズムに沿って性行為にあたり必要な勃起の維持をサポートする仕組みです。

そのため、ウイークエンドピルと呼ばれて大人気のシアリスですが、性行為をする時に必要な勃起は維持されますがそれ以外の時は普通に過ごすことができ、普段と同じように就寝可能です。